楊家魯肉飯(やんちゃーるうろうふぁん)

魯肉飯は台湾の国民食ともいえるご飯です。街角でもコンビニでも何処ででも売っていますが、やっぱりそれぞれの家の味が一番だと、みんなが思っている(笑)ご飯です。

台湾の魯肉飯は豚肉がほとんどミンチ肉のサイズですが、月和茶ではかなりの大き目サイズです。本場のものを先に食べたお客様は、あれっ?お肉ばっかりで汁が少ない・・と思われるようです。で、ちょっと魯肉飯の話を。

月和茶を開店する時、魯肉飯は絶対に外せないメニューでした。試作を重ねて、重ねて・・、だけどどうしてもあの味、いつも食べている台湾の母の味(媽媽的味道)にはなりません。とうとう、本家本元の媽媽に指南を乞うことに。材料や作り方は、ほとんど間違っていなかったのですが、全く違う部分もあり、媽媽の秘伝を伝授されました。それでも媽媽には合格をもらえなかったのですが(笑)

媽媽は大きな鍋いっぱいに肉燥(台湾語ではバースといいます)を作っていました。父や4人の兄弟はお肉が大好きだったので、お肉はすぐになくなります。媽媽はいつも初めからお肉は食べず、肉燥の汁だけをご飯にかけていました。残った汁も最後までご飯にかけて食べていました。

月和茶の魯肉飯はお肉好きの楊家の味、大きいお肉をゴロゴロ入れようって決めました。媽媽は6年前に他界しましたが、魯肉飯を大きな寸胴で仕込むたびに、媽媽的味道を思い出します。

楊家魯肉飯はとても大切な一品です。長い間、皆さまに愛していただいて、多謝多謝。これからも、どうぞ大きなゴロゴロお肉の魯肉飯をよろしくお願いいたします。

※魯肉飯の汁だけかけた汁ご飯は、米粉定食でお試しいただけます。また、汁多めがお好きな方は、遠慮なくスタッフにご注文くださいませ。