楊家魯肉飯(やんちゃーるうろうふぁん)

魯肉飯は台湾の国民食ともいえるご飯です。街角でもコンビニでも何処ででも売っていますが、やっぱりそれぞれの家の味が一番だと、みんなが思っている(笑)ご飯です。

台湾の魯肉飯は豚肉がほとんどミンチ肉のサイズですが、月和茶ではかなりの大き目サイズです。本場のものを先に食べたお客様は、あれっ?お肉ばっかりで汁が少ない・・と思われるようです。で、ちょっと魯肉飯の話を。

月和茶を開店する時、魯肉飯は絶対に外せないメニューでした。試作を重ねて、重ねて・・、だけどどうしてもあの味、いつも食べている台湾の母の味(媽媽的味道)にはなりません。とうとう、本家本元の媽媽に指南を乞うことに。材料や作り方は、ほとんど間違っていなかったのですが、全く違う部分もあり、媽媽の秘伝を伝授されました。それでも媽媽には合格をもらえなかったのですが(笑)

媽媽は大きな鍋いっぱいに肉燥(台湾語ではバースといいます)を作っていました。父や4人の兄弟はお肉が大好きだったので、お肉はすぐになくなります。媽媽はいつも初めからお肉は食べず、肉燥の汁だけをご飯にかけていました。残った汁も最後までご飯にかけて食べていました。

月和茶の魯肉飯はお肉好きの楊家の味、大きいお肉をゴロゴロ入れようって決めました。媽媽は6年前に他界しましたが、魯肉飯を大きな寸胴で仕込むたびに、媽媽的味道を思い出します。

楊家魯肉飯はとても大切な一品です。長い間、皆さまに愛していただいて、多謝多謝。これからも、どうぞ大きなゴロゴロお肉の魯肉飯をよろしくお願いいたします。

※魯肉飯の汁だけかけた汁ご飯は、米粉定食でお試しいただけます。また、汁多めがお好きな方は、遠慮なくスタッフにご注文くださいませ。

 

豆のお花と書いて豆花(とうふぁー)

台湾で豆花というと、昔ながらのおやつですが、中国では豆腐脳とよばれ、おかずの分類で甘いものは少ないようです。香港ではやっぱり甘いデザートですが、豆腐花と書きます。となると、豆花と呼ぶのは台湾だけかな。中国は広いから他にも呼び方があるかもしれませんね。

個人的には、豆の花という呼び方は、このおやつにはぴったりだと思っています。昔からあるおやつですが、お店で食べるのではなく、おじさんが、リヤカーを引いて街中を売り歩いていました。日本の昔の豆腐屋さんのような感じ・・ですかね。
家から入れ物を持って出て、量り売りをしてもらっていました。
なので今のようなトッピングはなく、甘い蜜をかけてお家でいただきました。おかずでもなくデザートでもなくまさに、おやつ豆花です。本当に美味しかったです。

大豆でできたこのおやつは、大豆の甘さと、ふわふわつるんの食感が食欲のない時にもぴったりです。大豆さまありがとう。といいたくなるほどです。

せっかく大豆さまの力をいただくのですから、トッピングも自然なものをと、すべてが豆、芋、米、麦と自然食材を使ってつくっています。甘味もきび糖と黒糖のミックス。こくがあるのにスッキリしていて自然の味を邪魔しない甘さです。

現在トッピングの種類は20種類ほどですが、お豆をみるとつい買ってしまいます。豆花のトッピングにあうかな~と。あぁ楽しい(笑)。
吉祥豆花
トッピングは日替わりでお出ししています。5月からは削った冰をのせた冷たい豆花のみになります。

雙色水果霜球雪綿冰

昨日は東京で28度を超えたそうですが、吉祥寺の賑やかさも最高でした。5月3日から始めたかき氷も、おかげさまで好評をいただいております。

今年のGWで気づいたのは、月和茶に台湾や中国をはじめ、外国からのお客様が増えたこと。
街中ではもちろんですが、月和茶は台湾カフェなので、わざわざ台湾や中国の皆さまが日本に来て月和茶を選んで来てくださるのは本当にうれしいことです。

連休最終日、今日も皆様のご来店お待ちしております。(本日は18時までの営業です)
また、明日8日(月)は臨時休業させていただきます。


果物満載のかき氷、15時~18時のテータイムのみの提供となります。
短い時間内ですが、どうぞよろしくお願いします。

鳳梨酥のこと

 

小さい頃から食べていたおなじみの鳳梨酥。月和茶で販売をはじめてから1年がたちました。販売するまでには何度も試作をくりかえしましたが、なかなか納得できるものができませんでした。生地を変えたり、中にお餅をいれたり、生のパイナップルを仕込んでみたり。なんとか月和茶のオリジナルをと、こだわっていました。そうこうしているうちに、ある日、レシピノートを入れたカバンを置きびきされてしまったのです。・・・で、月和茶オリジナル鳳梨酥をつくるのはあきらめてしまいました。

それから3年、日本にも台湾の鳳梨酥を専門に売るお店が出来てきました。台湾でも鳳梨酥のコンテストも盛り上がっているのを見つつ、やっぱり作りたい!と強い気持ちが再燃してきました。

前の試作レシピがないので、一からの挑戦です。まずはシンプルにおいしい生地で、パインそのものの餡を包んでみました。が、なんと1回目の試食でスタッフみんながOKを出してくれたのです。あとは餡の固さや生地とのバランスを微調整、めでたく月和茶オリジナル鳳梨酥の完成です。

今思うと、あの時レシピノートをなくしてしまった事で、変なこだわりも一緒に捨てられたのだなぁと感じました。こだわりも大事だけど、こだわりすぎて失敗することも(笑)めでたし、めでたし。

金柑蜜餞

月和茶の手作り蜜餞、第一弾!!
宮崎産の無農薬金柑をつかいました。

今年は同じ3Lでも、昨年より少し小粒。
昨年が大きすぎたのかもしれません。

実のなる木は、表年裏年などがあって、
同じ木でも年によって違うとききますが、
毎年、実をならせるには農家の方のすごい努力のたまもの。

ありがとうございます。

少しくらい小さくても、大きくても大丈夫。

美味しく漬けて出来上がりました。